PSI  
HOME プレスルーム 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ 技術サポート
Smart-USB Plus製品
 
Rapid prototyping

Avalent社による v4tアーキテクチャ互換CPU Janus220 を利用したSoC評価・検証ソリューション


特長


■ v4tアーキテクチャ互換の組込みシステム開発プラットフォーム

■ v4tアーキテクチャ互換CPU Janus220(Avalent社製)なので、
  ソフトウエア互換性、プロセッサ性能確認が可能

Smart-USB Plus製品の子基板として利用が可能

■システム・オン・チップ化の検討段階で、低リスク、低価格で
  評価が可能

■機能検証・評価後には、Avalent社のSoC開発工程にスムースに
  移行可能

 
 
< CX-CardIIボードとJanus220評価ボード >

システム概要

Avalent社は、米国に本拠を置く、超低消費電力&高性能32Bit RISC CPUの開発や SoCデザインサービスを実施している半導体メーカーです。

v4tアーキテクチャ互換CPU ”Janus220”とペリフェラル回路を集積した「AV2 Rev2」チップを搭載する”Janus220評価ボード”と、Smart-USB Plus製品を組み合わせたSoC開発ソリューションです。 SoC開発の検討段階で、ユーザが求める性能、組込みソフトウエアの互換性、ユーザ回路と連携した動作確認が低リスク、短期間で検証・評価することができます。

Smart-USB Plus製品は、使いやすいUSB2.0インタフェースを備えているので、PCからターゲットボードに対して、様々なイベントを発生させたり、CPUで処理したデータ内容をPCへ転送して検証することもできます。 

検証・評価後は、Avalent社が得意とするSoC開発へシームレスに移行できるメリットがあります。さらに、ASIC完成後に Smart-USB Plus製品を使った検証ボードにより、 動作確認することができます。

Smart-USB Plus製品を利用しているので、SoC開発前の評価段階と、SoC開発後の検証段階で、PCからターゲット制御する検証・評価プログラムを共有することもできます。

この結果、SoC開発のリスクを低減し、CPUソフトウエア検証、CPU動作性能検証を効率よく実施することができます。

 
 

< SoC開発ソリューションの例 > 

 


ハードウェア構成
ベースボード

Smart-USB Plus製品
CX-USBUSX-USBUVX-USBUCX-CardCX-CardUSX-CardV


< VX-USBUボードにJanus220評価ボードを接続した例 >

Janus220評価ボード 「AV2 Rev2」チップ、64MB DDR、 4MB FlashROM 搭載
詳細はPDF(512KB)をご覧ください。

ソフトウェア構成
Smart-USB Plus製品

すべてのSmart-USB Plsu製品のソフトウエア仕様は共通です。

各ボードのソフトウエア構成をご覧ください。

Janus220評価ボード JTAG ICE接続用コネクタにより、ソフィアシステムズ、ロータバッファ製ICEを利用可能

 



製品問い合わせ
問い合わせフォーム
製品購入ガイド
▽ E-mail info@prime-sys.co.jp

 
Copyright (c) 2007 Prime Systems, Inc. all rights reserved.