PSI  
HOME お知らせ 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ
 
Smart-IO2

 Smart-IO2デジタルI/OボードPbFree
USBインタフェースを可能にする名刺サイズのI/Oボードです.PCから簡単に多ビットのI/O制御ができます.

特長 | システム概要 | ハードウェア構成 | ソフトウェア構成 | 製品構成 | 資料 | 製品問い合わせ

特長

■ 標準添付のWindows対応制御ソフトから、64-I/Oを簡単に制御できます

■ ターゲットボードへの特定パターンの出力や ターゲットボードからのデータ収集などに利用できます

■ USBファーム、USBデバイスドライバ、専用API、リファレンスアプリケーション(オープンソース)を標準装備

■ 専用のAPIにより、制御ソフトの記述を大幅に簡略化
  Excel VBAからの制御も可能です(サンプル無償配布中)

■ 1台のホストPCから最大16台のボードを制御することができます

 
 
USB-IOボードイメージ
ボード外観

システム概要

Smart-IO2ディジタルI/Oボードは、USBポートを利用したデジタルI/O制御用ボードです。WindowsPCから64本のデジタルI/Oを簡単に制御できます。 また、1台のPCからUSBハブを利用して、最大16台のボードを同時に制御することができます。

従来製品のIOボードと比較して、I/O本数が19本増え、各ポートの各ビット単位に入力/出力の切替が簡単に設定できる様になりました。 ボード上には汎用LED 8bit分を用意し、ホストPCからOn/Offしてシステムの運用状態をLED表示することができます。

USB-IOボードは、USBコントロール転送だけに対応しています。大量のデータを高速に転送する「バルク転送モード」には対応していません。このバルク転送が必要な場合は、別途お問い合わせ下さい。

また、ケースに収容して運用するユーザ向けに、以下の写真のようなソリューションを提案しています。
検査治具や、デバッグ機器への応用に ケース加工も含めてご提案が可能です。

*-------------------------------------------------------------------------------------------------------------*
デジタルI/OのI/O制御タイミングは、PCソフトウエアのソフト的なタイミングです.このため、I/Oをトグルする場合などはPC性能に依存します.詳細は資料(アプリケーションノート)をご覧ください.
ハードウエア・タイミングでI/O制御したい場合には、Smart-USB Plus製品をご利用ください.
*-------------------------------------------------------------------------------------------------------------*

<LabVIEWやExcel VBAに対応>
LabView(2008以降)やExcel VBA(2007以降)からの制御ができます。サンプルアプリケーションソフトを配布中ですが、もともとはSmart-USB Plus製品用に作られているので、一部の制御ソフトウエア(USBコンフィグ、メモリアクセス用の制御ソフト)は使用できませんのでご注意下さい。

LabVIEW対応情報 : http://www.smartusb.info/article.php/labview

Excel VBA対応情報 : http://www.smartusb.info/article.php/ref_vba

お問い合わせフォームお問い合わせフォーム(別ウインド)

USBボードをケースに収容した例
[タカチ製 モバイル・アルミケース(MXSフリーサイズ型)に収容]

(注)電源系が異なる場合やノイズの多い環境では、別途フォトカプラなどの外部機器インターフェースを用意してください


ハードウェア構成
基板サイズ 55mm x 91mm 名刺サイズ
USBコントローラ サイプレス社製 CY7C68013 (FX2)
電源
端子台からの5V外部給電
(製品出荷時に端子台を実装していません、5.08mmピッチのコネクタを実装できます)
USBバス給電
(USB仕様により、外部給電分も含め、最大 500mA/5Vです。500mA/5Vを超える場合、端子台からの給電により対応することができます。)
USBポート Mini-Bコネクタ
ユーザI/O

64本のディジタルI/Oを装備、 3.3V-IO(5V-IOトレラント)
(1台のPCで16台を制御、最大1,024本のI/O制御が可能)

・外部機器とのインタフェース用ポート: 8ビットのIOポートを8チャンネル装備(計 64 I/O)
 (制御アプリケーションからポート単位またはビット単位でI/O方向を制御可能

・ボード上のLED制御用ポート: 8ビット(緑LED)
・ボードアドレス設定用ポート: 4ビット(ロータリースイッチ)
・汎用ディップSW 4ビット
・汎用タクトSW 1ビット

バス・コネクタ 汎用40ピンMILコネクタ・オスを装備(2個 製品出荷時は未実装です)
外部給電 外部接続するシステム用に+3.3Vまたは+5Vの給電が可能

ソフトウェア構成
USBインタフェース

USB2.0/1.1仕様準拠(USBコントロール転送対応)
バイナリレベルですべてのデータを提供
専用APIを提供しているので、ユーザ独自のアプリケーションを構築できます

・デバイスドライバ(WindowsXP以降の32bit版、WindowsVista以降の64bit版に対応)
・DLL
・ファームウエア (2010/12/21更新 最新バージョン "0101h")
・アプリケーションソフト(オープンソース)

(注)USB2.0仕様に準拠したコントロール転送をサポートしています
USBバルク転送には対応していませんが、カスタム製品として対応可能です。

対応PC

・Windows 32bit版 (Windows XP以降対応)
・Windwos 64bit版 (WindowsVista以降対応)
・USB2.0ポートを備えたPC (USB1.1ポートに接続するとUSB1.1として動作します)
 USB3.0ポートでも動作します

制御ソフトウエア

「RefIO7.exe」 ver1.0.2.0 (2013.8.21 リリース)

最大16台のIOボードを 1つの制御ソフトウエアから個別にコントロールできます.

<制御ソフトウエアGUIイメージ>
(ポップアップウインドウで画像表示します)

  1. ボード起動時のコントロールパネルとボード選択パネル (1台のボードを接続)
  2. I/Oポートの入出力切替画面 (例:ポートAの上位4bitを出力、下位4bitを入力に設定)
  3. I/Oポートの入出力切替画面 (例:ポートAをすべて入力に設定)
  4. I/Oポートの入出力切替画面 (例:ポートAをすべて出力に設定)

コントロールパネルにより、各I/Oポートに対する書き込み、読み出しを行います。
各I/Oポートには、出力イネーブル設定画面により、ビット単位で入出力切り替えが可能です。


LabViewに対応   ver 2008以降
Excel VBAに対応   ver 2007以降


製品構成
Smart-IO2 

USB2.0/1.1対応 (HighSpeed/FullSpeed対応)   通常税込価格:\19,800 (税別)

Smart-IO2C ケース(タカチ製 MXS-82-24-85GS)に収容して運用する場合の基板単体の型番です.
Smart-IO2の基板サイズを 72x91mmに拡張しています. 通常価格:\20,790(税込)

(注)製品の基本構成は同一です. Smart-IO2Cは、既製品ケースに収容するために基板サイズを単純に拡張しています.拡張分の基板面積部分は、簡単に取り外すことができます.取り外し後は指定ケースに収容できなくなります.

こちらのページからオンラインでの販売ができます.口座振込、現金代引き、受け取り時クレジットカード払いに対応しています.


資料
技術資料

・USB-IO製品ページをご覧下さい

・ボードの使い方をまとめたアプリケーションノート 
 「USBディジタルI/Oボードの使い方」 DIO-AN01.pdf (PDF:793KB, ver2.0)


製品問い合わせ
問い合わせフォーム
製品購入ガイド
▽ E-mail info@prime-sys.co.jp

Copyright (c) 2003 Prime Systems, Inc. all rights reserved.