PSI  
HOME プレスルーム 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ 技術サポート
Smart-USB Plus製品
 
 Smart-USB Plus/Sigma (TM)ファミリの制御ソフトウエア情報

特長

USB-IFの開発は不要です.

USB2.0/USB3.0インタフェースに必要なデバイスドライバと制御ソフトウエアを無償提供しています.
<制御ソフトウエア・イメージ>

USBファームウエアはボード上のROMにプログラム済み、
ファームウエアの更新も専用ユーティリティソフトで簡単です.

1台のホストPCで、複数台のボードを制御できます.
制御ソフトウエアを無償提供中です

つかいやすい制御ソフトウエアです.

制御ソフトウエアをカスタマイズするには...

無償提供のソースコードを利用して...
C++Builder / VC++ /VB.net / Excel VBA / LabVIEW
Linux
 / Android
これらの開発環境ですぐに制御ソフトウエアを開発できます.

計測・制御に対応したオリジナルのソフトウエア開発が可能です.

 

 

Smart-USB RefApp


システム概要

Smart-USB Plus製品ファミリで利用できる Windows対応の制御ソフトウエアには、3種類あります. Smart-USB Sigma製品ファミリでは、RefApp7だけに対応します. このため、Smart-USB Plus製品ユーザもRefApp7への移行を推奨しています.

@ RefApp7 順次拡張機能を提供します.

Windows8 / 7 以降に対応する制御ソフトウエアです.
最新バージョン ver1.3.0.0 (2017.4 Up)

64bit環境でも、32bit環境でも同じGUIの制御ソフトを利用できます.

※Windows10環境では、必ず最新バージョンで運用して下さい.

デバイスドライバには、Microsoft社が提供する汎用USBペリフェラルドライバ "WinUSB.sys"を利用しています

  • SX-Card6を除くすべてのSmart-USB Plus製品に、RefApp2とRefApp7を同時に提供します. 
    新規ユーザのお客様はRefApp7の使用を推奨します.
  • SX-Card6とすべてのSmart-USB Sigma製品に、RefApp7を提供します
  • RefApp2、RefApp3で提供していた「マクロ操作」機能は、RefApp7では削除し「Tclスクリプト」機能に統合しています.
  • 連続データの収集、生成に対応しています.
  • 1台のPCで複数台のボードを制御できるサンプルアプリを提供しています(VB2010版). 複数台制御の詳細は、こちらをご覧ください.
  • FPGAコンフィグデータの暗号化機能に対応しています.

<USB実効データ転送レート>
USB2.0: PCとボード間のデータ転送レートは、約40MB/s です.

USB3.0: PCとボード間のデータ転送レートは、350MB/s です.
運用するPC環境により、この数値以上の転送レートが得られます.

A RefAppLV LabVIEWで作成したサンプル制御アプリ

Windows8 / 7 64bit/32bit以降に対応するサンプル制御ソフトウエアです.
64bit環境でも、32bit環境でも同じGUIの制御ソフトを利用できます.

LabVIEWユーザのために基本機能を実装したサンプル制御アプリケーションです.
※LabVIEWを所有していなくても、インストーラを使ってPCにインストールできます.

B RefApp3 開発終了

Windows XP(SP2) 32bit版以降に対応する制御ソフトウエアです.
デバイスドライバは ezusb.sys です.RefApp3を利用するには、このデバイスドライバをインストールする必要があります.
64bit版では動作しません

C RefApp2  開発終了

Windows XP(SP2)〜Windows8 32bit版に対応する制御ソフトウエアです. すべてのSmart-USB Plus製品に共通の制御ソフトウエアとして利用できます. デバイスドライバは当社独自開発の PsiCeb2.sys です. USBプロトコルに関する機能を独自のAPIとして提供し、ソフトウエア開発をサポートしています.(64bit版では動作しません

現状 RefApp2だけがサポートしている機能は、以下の通りです.

  1. FlashPath(System-SX用Flash書込ユーティリティ)
  2. FPGAマルチコンフィグ(System-SX2用ユーティリティ)
  3. System-SX2用温度モニタユーティリティ
 
 
<制御ソフトウエアと対応デバイスドライバ>

各制御アプリケーションの機能一覧表(PDF)

 

お問い合わせフォームお問い合わせフォーム(別ウインド)


 
 

ソフトウェア構成
USBインタフェース

USB2.0仕様準拠 (480Mbps HighSpeed :USBコントロール/バルク転送対応) 
(USB1.1(Full Speed)ポート、またはUSB2.0ポートで動作します)

USB3.0仕様準拠 (5Gbps SuperSpeed :USBコントロール/バルク転送対応) 
(USB1.1(Full Speed)ポート、USB2.0ポート(High Speed)、USB3.0ポートで動作します)

USBファームウエアはボード上のEEPROM/FlashROMにプログラム済みです.
デバイスドライバはバイナリレベルで提供しています.

対応PC

(RefApp7 を制御ソフトウエアに選択した場合 < ver1.1.0以上> )

・ Windows 7 / 8 対応 DOS/V機 (windows10 preview版での動作を確認済み)
 
・ Linux(Ubuntu12.10) 動作確認済み.

(RefApp7 を制御ソフトウエアに選択した場合 < ver1.0.12以下> )

・ Windows Vista / 7 / 8 (32bit, 64bit), WindowsXP(SP2)32bit 対応 DOS/V機
 
・ Linux(Ubuntu12.10) 動作確認済み.

(RefApp2 を制御ソフトウエアに選択した場合)

・ 32bi版のWindowsXP(SP3) / Vista / 7 / 8 対応DOS/V機

・ Linux(Ubuntu8.10、openSUSE11.1rc1)  libusb0.1.12対応 (一部製品を除く)
・ Solaris10 対応 (一部製品を除く)

制御ソフトウエア

GUIベースの制御アプリケーションを標準添付しています.

  1. RefApp7.exe (2011.5月以降に製品添付する最新リファレンス制御アプリ)
  2. RefApp2.exe (2011.5月以前に製品添付していたレガシー・リファレンス制御アプリ)
  3. RefAppLV.exe(2014.3月以降に製品添付するLabVIEWユーザ向け制御アプリ)
  4. Excel VBA制御アプリ(Excel2007以降で動作します)

    RefApp2、RefApp7の操作性は同じです. 機能の対応表(PDF)はこちらです.
    RefAppLV.exeの使い方はこちらの資料を参照下さい.

オープンソースのソフトウエアなので、カスタマイズも容易です.
面倒なUSBプロトコルに関する部分は専用API化しています.
また、 インターネットから常に最新の制御ソフトを入手可能できます.


制御ソフトウエア”RefApp7”更新情報は、こちらをご覧ください
ver1.0.8以前からver1.0.9への更新時に、レジストリの再登録が必要です

1台のホストPCで複数台のボードを制御できるようになりました.
VB2010環境で作成したサンプル・アプリケーションを無償提供しています.
USBハブを利用して、最大16台のボードを制御することができます.専用関数を利用し、制御ソフトウエアをカスタマイズすることにより、最大127台まで拡張することができます.
1台のPCで複数台のボードを制御する方法

===【ダウンロード】==============================================

<VB.net等の開発環境で利用できるAPI>
VB2010プロジェクト(4MB) 、DLLソース(4MB)、 API仕様書

<LabVIEW開発環境で作成したリファレンス制御アプリI>
RefAppLV.exe(150MB)
RefAppLV.exeの使い方

<Excel VBAで作成したリファレンス制御アプリI>
Excel VBA  (690KB)
Excel VBAの使い方

<Androidで作成したリファレンス制御アプリI>
Androidアプリ (3.6MB)
(ユーザ登録済みユーザは登録時にお知らせしたIDとパスワードをご利用ください)

===【開発環境】=================================================

C++Builder2010 : このプラットフォームで制御アプリ開発しています

VB2015 Express : VBユーザのためのサンプル制御アプリ用

LabVIEW2013 :LabVIEW用サンプルプロジェクトを無償提供

Execl VBA (2007以上):簡単にボード制御、データのグラフ化ができます

Android SDK4.2 : 詳しくはこちらをご覧下さい

 


Windows コマンド・プロンプトを利用した、3つの制御ソフトウエア{ CUI3 }を標準添付しています.

1. USBコンフィグ・プログラム (FPGAをコンフィグします)
2. レジスタ制御プログラム(FPGA内に実装したハードウエアレジスタを制御します)
3. メモリ制御プログラムの(ボードとPC間で高速なデータ転送を行います)

これらの制御プログラムはオープンソースで提供しています.

【開発環境】

VC++ Express 2015 を利用したプロジェクト一式を提供しています.


すべての制御アプリケーションで、テキストエディタでプログラムできるTCLスクリプトをサポートしています.

FPGAにCPUやシーケンサを実装しなくても、ホストPCからFPGAのI/Oピンを直接制御できます.たとえば、SPIなどのシリアル通信やFPGA回路の初期設定(レジスタ設定)などをスクリプト化すると、操作性を向上し時間を節約できます.


RefApp7 ver1.0.2.0以前から最新版へのバージョンアップ方法

RefApp7のツールバー「ヘルプ」から「RefApp7オンラインアップデート」を選択して、ダウンロードして下さい. 使用するネットワーク環境によりオンラインアップデート出来ない場合、直接updateモジュールをRefApp7インストールフォルダにダウンロードし、ダブルクリックしてください.

ver1.0.8以前からver1.0.9以降に更新した場合、レジストリの再登録をお願いします.ver1.0.9更新時にレジストリファイルの内容を更新しています.当社サーバーから最新版のファイルをダウンロードしてください.

USBファームウエア
更新ユーティリティ

Smart-USB Plus/Sigam製品共通のユーティリティ・ソフトウエアです.
(注意: RefApp7を運用できる環境で動作します.WinUSB.sysデバイスドライバを使用してください) 

オンボードのEEPROMにプログラムされているUSBファームウエアを更新できます.


資料
技術データベース Smart-USBPlus製品ページをご覧下さい.
ソフトウエア・インストールガイド

SUA009 アプリケーションノート ( ver.4.0 PDF:約1.2MB)
RefApp7、WinUSBデバイスドライバをインストールする場合の説明書です.

リファレンス・アプリ VBA版資料 SUA015 アプリケーションノート ( ver.1.0 PDF 約863KB)
リファレンス・アプリ LabVIEW資料 SUA016 アプリケーションノート (ver.1.0 PDF 約1.1MB)


 
製品問い合わせ

RefApp7制御ソフトウエアの入手方法がわからない場合は、以下の問い合わせフォームかメールでご連絡ください.
ダウンロード先を記してメール返信致します.

問い合わせフォーム
▽ E-mail info@prime-sys.co.jp


 
Copyright (c) 2007 Prime Systems, Inc. all rights reserved.