PSI  
HOME プレスルーム 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ 技術サポート
Smart-USB Plus製品
 
 Smart-USB Plus(TM)ファミリ   フレキシビリティとスピードを両立。
特長 | システム概要 | ハードウェア構成 | ソフトウェア構成 | FPGA開発環境 | 製品構成 | 資料 | ボードオプション | 製品問い合わせ


特長

使いやすさで群を抜く性能

○ USB2.0インタフェースと最新FPGAを組み合わせたFPGAボード(システム開発ボード)です. FPGAの柔軟性と扱いやすいUSB2.0でシステム開発を促進します.

○ USBデバイスドライバ、制御ソフト(オープンソース)、FPGAのサンプル回路(HDL記述)を標準添付.導入してから短時間で使いこなせるようになります.

○ USB経由でFPGAを瞬時にコンフィグしたり、ボードとのデータ転送やFPGA内のハードウエア・レジスタ制御が簡単にできます.

組込用途に最適

○ 基板サイズを小さくし、他のボードにスタックしてもシステム全体の大きさに影響を与えません.

○ FPGAのI/Oはインピーダンス・マッチング・コネクタに接続.他のボードシステムとパラレルデータを高速(200MHz)にやりとりできます.

○ FPGAのI/O電圧を可変(1.2V〜3.3V)。低電圧インタフェースにも対応しました.

■既存のCX-Card2ボードと同じコネクタ仕様で置き換えが可能

 
 
 

CX-Card2X外観

 

CX-Card2X 外観
Qsysツールによる簡単回路設計

システム概要

【開発背景】
従来製品のCX-Card2は2006年にリリース以来、数多くのシステムの要として採用され続けています。 しかし、ボードに搭載するFPGAは製品寿命が近づいているのが現状です。このままでは、CX-Card2を採用したシステムすべての製品が製造困難になります。

CX-Card2Xシステム開発ボードは、最新FPGAのCyclone10LPを採用し、基板サイズ、コネクタ仕様、USB-IF仕様を既存ボードのCX-Card2と共通にしました。 これにより、さらに10年の製品ライフサイクルを見込むことができます。

すでにCX-Card2と接続できる外部基板を開発している場合でも、新たにCX-Card2Xボードに付け替えることができます。
※FPGAの回路の再コンパイルが必須です.

【主な相違点】

  1. 256Mbit FlashROMを廃止
  2. 8Mbit SRAM、256Kbit FRAM追加
  3. LVDSへの対応
  4. 4系統のI/O電圧を同時に運用可能

<用途>
・USB2.0インタフェースボード
・画像データ入出力ボード
・画像処理
・ASIC/IP評価システム
・USBを利用したデータ収集システム
・PCから制御する検査・制御システム

【参考】
すぐにわかるSmart-USB Plus製品の使いやすさ

 
 
<CX-Card2X ボード ブロック図>

 

お問い合わせフォームお問い合わせフォーム(別ウインド)

お問い合わせフォーム製品ユーザ登録
  ボードに関する最新情報をいち早くお届けします


ハードウェア構成
基板サイズ W108 x H82(mm) PbFree仕様
FPGA アルテラ社製 Cyclone10LPシリーズ < P/N : 10CL080YF780C8G >
(LE:81K, メモリ:2.7Mb, DSP 244, PLL 4
コーディング不要のサンプル回路を無償提供
(QuartusPrime PlatformDesignerを利用するライブラリを提供)
USBコントローラ サイプレス社製 CY7C68013A (FX2デバイス) 
サポートPLD アルテラ社製 MAX Vシリーズ :FPGAコンフィグをサポートするICです.
コンフィグROM EPCQ128 (128Mbit)
外部メモリ

* 8Mbit (512K x 16b) 非同期SRAM  (IS61WV51216EDBLL-10TLI) アクセス速度10ns

* 256Kbit FRAM (MB85RS256TYPNF) SPI

電源

単一5V外部給電

電源ポート DCジャック (φ2.1 センター+)、 2極 端子台
USBポート Type-B
シリアルポート RS-232 1ch (スルーホール)
高速ユーザI/O 200本 (1.2V〜3.3V インタフェース、クロック入出力各2本含む) :
Samtec社製 QTH-060-01-L-D-Aコネクタに収容、 50Ωインピーダンス整合済み
各コネクタ単位で IO電圧を設定できます
汎用ユーザI/O

34pinコネクタ(2.54mmピッチ)2個に 52本収容 (クロック入出力各1本含む)
50Ωインピーダンス整合済み (コネクタはインピーダンス整合タイプではありません)
最大26chのLVDS設定が可能
各コネクタ単位で IO電圧を設定できます (LVDS時は2.5Vで運用)

外部JTAGポート スルーホール、外部のJTAGデバイスとチェイン化できます
クロック専用ポート MiniBNCコネクタ2個およびMMCXコネクタ2個 にクロック出力と入力を収容
水晶発振器 48MHz(オンチップPLLで可変可能)搭載、予備搭載エリア2個

ソフトウェア構成
USBインタフェース

USB2.0仕様準拠(USBコントロール/バルク転送対応) 
(USB1.1(Full Speed)ポート、またはUSB2.0ポートで動作します)
バイナリレベルですべてのデータを提供
USBプロトコルに関する専用関数を提供しているので、ユーザ独自のアプリケーションを容易に構築できます.

・デバイスドライバ
・ファームウエア 最新版は0200hです
・アプリケーションソフト(オープンソース)

対応PC

・ Windows 10以降 対応
・ Linux(Ubuntu8.10、openSUSE11.1rc1)  libusb0.1.12対応
・ Solaris10 対応

制御ソフトウエア

・ GUIベースの制御アプリケーション(RefApp7.exe)を標準添付しています.
・ オープンソースのソフトウエアなので、カスタマイズも容易です.
・ インターネットから常に最新の制御ソフトを入手可能できます (要 ユーザ登録).

制御ソフトウエアの機能は、こちらをご覧ください

LabVIEWサンプルプロジェクトを無償提供しています.
NI社のLabVIEW環境から制御できます.
LabVIEWで作成したリファレンス制御ソフトRefAppLV.exeを利用できま

VB2015 Express用制御ソフトウエアを無償提供しています.


FPGA開発環境
アルテラのWebサイトから無償のツール"QuartusPrimeライトエディション"を利用できます。

製品構成
CX-Card8/80C68

10CL080YF780C8G搭載 (標準在庫) 通常価格:\110,000 (税別)

ボード付属品:ソフトウエアやハードウエア情報を収録したDVD-ROM 1枚、USBケーブル 1本


資料
技術データベース Smart-USBPlus製品ページをご覧下さい。 
1台のPCで複数台のボードを制御する方法
ボード仕様書

CX-Card2Xボード仕様 (PDF)

他製品との機能比較資料 製品比較表 (ver10: PDF)
アプリケーションノート

SUA003 :USB2.0インタフェースプロトコル概要(PDF:200KB)
SUA004 :USBデータ転送レートの向上対策 (PDF:216KB)
SUA005 :1Wordデータ転送方式 (PDF:935KB)
SUA006 :GPIF-AVALONブリッジ回路 (PDF1.8MB)
SUA011 :レジスタアクセスの拡張機能 (PDF:560KB)
関連するサンプル回路についてはこのページを参照してください。

FPGA参考サイト アルテラ社のFPGA入門サイト FPGA初心者向けの内容になっています。

ボードオプション
 
<コネクタ変換ボード>

120ピンのコネクタを 30ピンのMILコネクタ4個に変換します.
CX-Card2の高速コネクタ2個に装着すると、2.54mmピッチのユニバーサル基板 1枚に搭載できます.

2枚1組 標準価格 \12,000(税別)


ACアダプタ
 
P/N : CX-ADPT

2A/5VのACアダプタです.CX-Card2XのDCジャックに挿して使います.

標準価格 \1,000(税別)

 

 
PSI デザインサービス

CX-Cardをベースにボードをカスタマイズできる「ボードカスタマイズ・デザインサービス」と、CX-Cardの子基板として個別のボードを製作する「プラットフォーム・デザインサービス」を提供しています

 
製品問い合わせ
問い合わせフォーム
製品購入ガイド
▽ E-mail info@prime-sys.co.jp

 
Copyright (c) 2007 Prime Systems, Inc. all rights reserved.