PSI  
HOME お知らせ 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ
 

USB制御開発とHDLコーディングを不要にしたFPGAマイコンシステムの無償提供

 長野県の最先端技術開発ベンチャー企業、プライムシステムズ社は、5月7日、論理設計者、ソフトウエア設計者やシステム開発者を対象としたUSB2.0対応のFPGA開発ボード「Smart-USB Plusシステム開発ボード」向け、FPGAマイコンシステム用リファレンス回路の無償提供を本日から開始することを発表しました。
無償利用できるソフトCPUコア「Nios2」と自社IPを組み合わせた組込システム向けリファレンス回路の無償提供により、製品性能の向上とマイコンソフトウエア設計ユーザの獲得を目指します。

 グラフィカルにシステム設計ができるSOPC Builderツールを利用し、CPUコアの「Nios2/e」とUSB制御をサポートする「GPIF-Master」ライブラリにより、PCと連携した組込システムを短時間に効率よく開発することができます。
 ツール上では機能ライブラリ・ブロックを選択して、それぞれをクリックで配線したり、ビット幅を指示するだけなので、機能記述のための詳細なHDLコーディングが不要になります。 このため、HDLコーディングに不慣れなハードウエア設計者やソフトウエア設計者でも、CPUとUSB2.0を利用したFPGAシステム設計を簡単に行うことができます。

また、「GPIF-Master」ライブラリによりCPUと独立したUSB通信ができるので、CPUがUSB制御する必要が無く、小規模なCPU構成でも様々なユーザアプリケーションに対応できます。 CPU制御レスでUSB通信ができる利点を利用し、ホストPCからUSB経由でFPGAデータの更新、変更が瞬時に行えることに加え、「Nios2/e」CPUによりFPGA内でのデータ処理もできます。USBのデータ転送帯域を超えるようなデータを扱う場合には、不要なデータをCPU処理し、必要なデータだけをPCに転送するなど、状況に応じたシステム設計を推進することができます。

今回のリファレンス回路は、CX-USB2システム開発ボード向けですが、SOPC Builderツール上では共通のシステム構成になっています。各ボードに対応するためには、FPGAデバイスアサインとピンアサインを変更する必要があります。

このリファレンス回路を適用できる製品は以下の通りです。
SX-USB2 / CX-USB2 / CX-Card / CX-Card2 / SX-USB3
System-SX / System-SX2 


「GPIF- Master」ライブラリの実装方法例
http://www.smartusb.info/article.php/sopc1


【価格と供給時期について】
販売価格: 無償提供
提供予定日: 5月7日

【リファレンス回路のダウンロード】
CX-USBII用: Quartus2用圧縮ファイル(qar)
アプリケーションノート:http://www.prime-sys.co.jp/products/an/SUA008.pdf

 

【Smart-USB Plus製品ファミリの主な特長】
■ USBの専門知識がなくても、USB制御アプリケーションを構築することができる。
(専用デバイス・ドライバ、専用APIを用意し、オープンソースのリファレンスアプリケーションを製品に標準添付)
■ FPGAサンプル回路(VerilogHDL/VHDL)の無償提供。
■ USB経由でFPGAを瞬間コンフィグすることができる。
■ システム開発のベースボードとしての拡張性を高める様々なユーザIO機能を提供。

【適用アプリケーション】
■ 画像・通信処理システム
■ 各種制御機器開発のベースボード
■ システム制御用USBインタフェースボード(外部システムと接続、USBでデータ転送する)ASIC、IPの評価、検証

―――――――――――――――――――――――――――――――

【Smart-USB Plus製品ファミリについて】
USB2.0 インタフェースとFPGA を組み合わせたシステム構築を目的とした「システム開発ボード」です。
USB2.0 インタフェースをあらかじめ実装し、ボード利用者がUSB2.0 に関する専門知識がなくてもUSB 機能を十二分に活用できる構成が支持を得、2004 年の製品ファミリ発売以来、FPGA規模や基板構成のバリエーションを拡大し、さまざまな用途に適応するボードをラインナップしています。
すべての製品は部品を除き国産です。

【有限会社プライムシステムズについて】
有限会社プライムシステムズは、ディジタル/アナログ技術を駆使し、ASICからPLD/FPGAを利用した柔軟性に富むシステム製品・サービスの開発・販売を展開する最先端エレクロニクス・システムとシステムLSIの開発企業です。FPGAとUSBを核にした新しいコンセプトの「システム開発ボード」の提供を始めとして、ボードのカスタマイズ、システム設計、プラットフォーム・デザイン・サービスを提供しています。

会社名:  有限会社プライムシステムズ
所在地:  長野県茅野市泉野5931-35
設立日:  1998年12月
資本金:  1000万円
事業内容: システム開発ボードの企画・開発・設計・販売
      プラットフォームデザインサービスの提供
      システム開発ボードのデザイン・カスタマイズ・サービス
      IPの開発・販売
      PC計測応用システムの企画・開発・設計・販売
代表者:  内田正典

 

<Avalonバス構成図例>


<全体構成図>




 

 

【開発、販売元、および問い合わせ先】
有限会社プライムシステムズ
■ 代表者名 内田正典(ウチダ マサノリ)
■ 連絡先
 Email: info@prime-sys.co.jp
 電話番号: 0266-70-1171 
 担当者名: 三橋晋 (ミツハシ ススム)  連絡時間帯: 10:00 - 17:00


Copyright (c) 2007 Prime Systems, Inc. all rights reserved.