PSI  
HOME お知らせ 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ

 使い易さを追求した 大規模システム検証プラットフォーム
 System-SX IIシステム開発ボードとEl Capitanシステムを発表

先端エレクロニクス・システムとシステムLSIの開発企業、有限会社プライムシステムズ(本社:長野県茅野市、代表取締役:内田正典)は、本年2月7日、Smart-USB Plus製品ファミリの新製品として、アルテラ製大規模FPGA(Stratix II)を搭載したシステム開発ボード「System−SX II」と、このボードを最大4台収容できる19インチ・ラック・システムの「El Capitan(エルキャピタン)開発システム」の発売を3月20日より開始することを発表しました。

従来、市場に供給されている大規模な論理検証システムには、大きな筐体でFPGAモジュールを追加する構成や、PCIバス構成、ATXマザー・ボードのような構成でPCIモジュールを追加するなど、高機能だが複雑なシステム構成になってしまう欠点がありました。

System-SX IIボードは、ホスト・インタフェースのUSB2.0に加えEthernet LAN機能を実装済みで、USBやLAN経由での制御が可能です。この他、極力複雑な構成を避け、「大規模FPGA」、「高速、大容量メモリ」、「高速I/O」の3つの主要エレメントで構成したブロック(ファンクショナル・ロジック・ブロック、= FLB)を2系統備えます。このブロックはそれぞれ独立に動作することも可能で、ブロック単位のコンフィギュレーションができます。 これにより、システム開発ボードとしてエンジニアの要求に柔軟に対応できるようにシステムを簡略化することができ、ロジック開発やシステム開発のTAT短縮を図ることができます。
一方、El Capitan(エルキャピタン)開発システムは、System-SX IIボードを最大4台装着できる冷却性能に優れたラック・システムです。この場合、1,600万ゲート規模の論理システムを検証評価できるロジック・エミュレータとして機能します。ボード間の接続には専用のバック・パネルにより最大1Gbps/chのLVDS信号を54ch採用し、大容量、高速なデータをシームレスに伝送することができ、システム全体の動作速度低下を招かず、実動作レベルでの検証が可能なりました。また、ロジック・エミュレーションばかりでなく、RFやアナログ回路などユーザ独自の回路を構成した子基板をEl Capitanに装着すれば、System-SX IIボードと連携したシステム検証・評価を行うことができます。2006年第2四半期には画像処理アプリケーション向けとしてDVI、NTSC、RGBインタフェースを備えるオプションボード(IMG-Pro5)をリリース予定であり、El Capitan開発システム上でSystem-SX IIとこのボードを組み合わせて画像処理システムを構築することができます。El Capitan開発システムのサイズはH311xW164xD375.5(mm)、重量も約7Kgなので、机上での開発はもちろん、システム開発後のデモンストレーション機器として持ち運びも可能です。

【価格と供給時期について】
製品名: System-SXIIシステム開発ボード
型番: System-SX2/180C5
標準価格: 3,500,000円(税別)  (FPGAにEP2S180F1508C5を指定した場合)
供給時期: 2006年3月20日発売

製品名: El Capitan開発システム
型番: EL-CAP01
標準価格: 600,000円(税別)  (標準電源仕様)
供給時期: 2006年3月20日発売


【有限会社プライムシステムズについて】
有限会社プライムシステムズは、ディジタル/アナログ技術を駆使し、ASICからPLD/FPGAを利用した柔軟性に富むシステム製品・サービスの開発・販売を展開する最先端エレクロニクス・システムとシステムLSIの開発企業です。FPGAとUSBを核にした新しいコンセプトの「システム開発ボード」の提供を始めとして、ボードのカスタマイズ、システム設計、プラットフォーム・デザイン・サービスを提供しています。

会社名:   有限会社プライムシステムズ
所在地:   長野県茅野市泉野5931-35
設立日:   1998年12月
資本金:   600万円
事業内容: システム開発ボードの企画・開発・設計・販売
       プラットフォーム・デザイン・サービスの提供
       システム開発ボードのデザイン・カスタマイズ・サービス
       IPの開発・販売
       PC計測応用システムの企画・開発・設計・販売
代表者:   内田正典
webサイト: http://www.prime-sys.co.jp




 


開発、販売元、および問い合わせ先:
【連絡先】
メールアドレス: info@prime-sys.co.jp
電話番号: 0266-70-1171
住所: 長野県諏訪郡原村16267-333
担当者名: 三橋晋 (ミツハシ ススム)
連絡時間帯: 10:00 - 17:00
製品の詳細は、http://www.prime-sys.co.jp/products/system-sx2.htmで確認できます。

【報道関係の方からのお問い合わせ】
有限会社インサイト・コミュニケーションズ
(有限会社プライムシステムズ広報担当)
担当:浮谷光明
Tel.03-5676-2930  Fax.03-5676-2931
Email:info@insight-com.jp


Copyright (c) 2007 Prime Systems, Inc. all rights reserved.