PSI  
HOME お知らせ 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ
 
LVDS-I/Oにも対応できるシステム開発ボード、SX-USBVを発表

長野県の最先端技術開発ベンチャー企業、プライムシステムズ社は、9月24日、論理設計者やシステム開発者向けにUSB2.0対応のFPGA開発ボードSmart-USB Plusシステム開発ボード「SX-USBV」を10月27日から発売することを発表しました。11月19日から3日間開催する組込み総合技術展(ET2008)会場で、Smart-USB Plus製品ファミリの各種ボードと同時に展示、デモを実演します。
このボードには、Windowsアプリケーションから簡単に制御できるUSB2.0インタフェース機能とアルテラ社の最新FPGA StratixVを搭載しています。FPGAにはEP3SL70を採用し、100万ゲート規模の論理回路と、2Mbitの内蔵メモリを利用した論理回路設計が無償ツールで可能です。外部との接続用ユーザI/Oは、シングルエンド信号と差動信号(LVDS)を切り替えて運用することができ、LVDSを利用した場合は入出力各49ch利用できます。 FPGA周辺回路には200MHzで動作する72Mbit高速同期SRAMを独立バスとして2個、128MbitシリアルFlashROMなどを装備し、画像、通信処理システムのベースボードとしての利用やユーザオリジナルなデータ収集システムを構築することができます。

ボードのユーザI/OはFPGAのI/O機能を利用し、低電圧のシングルエンド信号および差動信号のLVDSをサポートします。FPGAのI/Oバッファ機能を設定することによりシングルエンド、差動信号の切り替えが可能です。ユーザI/Oを収容するコネクタにはインピーダンス整合済みの専用ハイスピードコネクタを採用し、外部基板との接続に際して信号に与える影響を最小限にとどめ、高速な信号を誤りなくインタフェースすることができます。従来の2.54mmピッチ・コネクタを利用のユーザは、専用のユニバーサル基板『SX-UNIV3』を接続することで、3行32列の96pinコネクタに変換でき、オプションボードの画像入出力ボード『IMG-Pro6』が利用できます。専用のユニバーサル基板を同時にリリースすることで、既存のシステムとの接続性を高め、システムとしての柔軟性を向上しています。

【主な特長】
■ USBの専門知識がなくても、USB制御アプリケーションを構築することができる。
(専用デバイス・ドライバ、専用APIを用意し、オープンソースのリファレンスアプリケーションを製品に標準添付)
■ 無償開発ツールが利用できるEP3SL70F780C4を採用。ボード以外の追加コストが不要。
■ 高速I/Oコネクタ搭載で、最大200MHzのパラレルデータを処理。
■ 最大98chのLVDS入出力を構成可能。
■ FPGAのI/O電圧を1.2V〜3.3Vの範囲で調整可能。
■ 合計144Mbitの高速同期SRAM搭載。
■ 外部ボードのFPGAコンフィギュレーション機能搭載。
■ 専用ユニバーサル基板との接続で、既存オプションボード(IMG-Pro6)を利用可能

【適用アプリケーション】
■ 画像処理システム(SX-UNIV3とIMG-Pro6ボードを利用した手軽な画像処理システム)
■ 通信処理システム(LVDSによる高速AD/DAコンバータとの接続、FPGA内蔵のDSP機能と高速SRAMによるフィルタ処理など)
■ システム制御用USBインタフェースボード(外部システムと接続、USBでデータ転送する)
■ ASIC、IPの評価、検証(子基板を製作、SX-USBVからイベントを発生させて動作の検証、評価を行う)

【価格と供給時期について】
製品名: Smart-USB Plusシステム開発ボード「SX-USBV」
型番: SX-USB3/70C4
(EP3SL70F780C4N搭載モデル:ALM数27K、内蔵メモリ2,214Kb、乗算器288個、PLL4個)
予定価格: 400,000円(税別) 
供給時期: 2008年10月27日発売

LVDS(Low Voltage Differential Signaling)
大型液晶パネルの標準仕様としても採用され、ノートパソコン用、液晶モニター用、テレビ用パネルに広く普及している。高速ADコンバータなどのインタフェースもLVDSを採用している。

―――――――――――――――――――――――――――――――

【Smart-USB Plusファミリについて】
Smart-USB PlusファミリはUSB2.0インタフェースとFPGAを搭載したシステム開発ボード・ファミリです。Smart-USB Plusファミリには、FPGAサンプル回路USBデバイス・ドライバ、DLL、オープン・ソースのサンプル制御ソフトウエア
などが付属しているため、ユーザはUSBの専門知識がなくてもUSB2.0インタフェース搭載のシステムを容易に開発することができます。

【有限会社プライムシステムズについて】
有限会社プライムシステムズは、ディジタル/アナログ技術を駆使し、ASICからPLD/FPGAを利用した柔軟性に富むシステム製品・サービスの開発・販売を展開する最先端エレクロニクス・システムとシステムLSIの開発企業です。FPGAとUSBを核にした新しいコンセプトの「システム開発ボード」の提供を始めとして、ボードのカスタマイズ、システム設計、プラットフォーム・デザイン・サービスを提供しています。

会社名:  有限会社プライムシステムズ
所在地:  長野県茅野市泉野5931-35
設立日:  1998年12月
資本金:  1000万円
事業内容: システム開発ボードの企画・開発・設計・販売
      プラットフォームデザインサービスの提供
      システム開発ボードのデザイン・カスタマイズ・サービス
      IPの開発・販売
      PC計測応用システムの企画・開発・設計・販売
代表者:  内田正典

SX-USBIII外観


製品コード
・ SX-USB3/70C4  (EP3SL70F780C4搭載モデル)
   価格: \400,000 (本体税込価格\420,000)


<SX-USBVボード 裏面>
赤枠内が外部システムとの接続用高速コネクタ

 


専用ユニバーサルと組み合わせて、
2.54mmピッチのコネクタに変換した例

 


 

製品の詳細は、ここをクリックしてください

【開発、販売元、および問い合わせ先】
有限会社プライムシステムズ
■ 代表者名 内田正典(ウチダ マサノリ)
■ 連絡先
 Email: info@prime-sys.co.jp
 電話番号: 0266-70-1171 
 担当者名: 三橋晋 (ミツハシ ススム)  連絡時間帯: 10:00 - 17:00

【報道関係の方からのお問い合わせ】
有限会社インサイト・コミュニケーションズ
(有限会社プライムシステムズ広報担当)
■ 連絡先
担当:荒井
Tel.03-5676-2930  Fax.03-5676-2931
Email: info@insight-com.jp


Copyright (c) 2007 Prime Systems, Inc. all rights reserved.