PSI  
HOME お知らせ 製品紹介 デザインサービス Shop 会社概要 お問い合わせ
 
■ USBインタフェースを備えたマイコン教育向け開発ボードを発表

長野県の最先端技術開発ベンチャー企業、プライムシステムズ社は、1月7日、マイコン開発を支援する開発ボード「CX-Trainer」を発売することを発表しました。このボードは、既存のSmart-USB Plus製品ファミリ製品「CX-USBII」のアドオンボードとして利用します。

「CX-USBII」は汎用のFPGA開発ボードとして設計されており、Linux/Windowsアプリケーションから簡単に制御できるUSB2.0インタフェース機能とアルテラ社の最新FPGA Cyclone3、および18Mbitの高速同期SRAMを搭載しています。このボードに「CX-Trainer」を組み合わせることで、マイコン開発向けのプラットフォームとして利用することができます。
「CX-Trainer」には、FPGA論理回路の状態を表示するLCD、7セグメント、高輝度LEDを備え、外部から論理回路への設定をするために、ディップスイッチ、タクトスイッチ、キーマトリクス、トグルスイッチなど多様なスイッチ類を備えています。さらに、照度センサと温度センサを備えているので、マイコンとUSBを利用して計測器システムの構築も可能です。この他、ユニバーサルエリアも用意しているので小規模なアナログ回路などの追加により、システム拡張が容易な構成です。

アルテラ社のソフトプロセッサ「Nios2」や、オリジナルのマイコン開発向けに対応し、大学や工業高専の論理設計向け教材、企業向けの開発セミナーなどに適用できます。


「CX-Trainer仕様」
・ 16x2キャラクタLCD
・ 8桁ダイナミック点灯方式 7セグメント
・ 16桁高輝度LED
・ ロータリーディップスイッチ 1個(16進コード)
・ トグルスイッチ 4個、タクトスイッチ 4個
・ 4x4キーマトリクス
・ 照度センサ(I2C)
・ 温度センサ(SPI)

製品情報:
型番:CX-Trainer \ 22,000 (単品販売可能)

セット型番: CX-Trainer/USB2 \120,000
(CX-TrainerとCX-USB2/25C8の組み合わせ)

セット型番: CX-Trainer/USB1 \70,000
(CX-TrainerとCX-USB/60C8の組み合わせ)


・製品紹介ページ
http://www.prime-sys.co.jp/products/cxusb2.htm

 

<CX-Trainerボード外観>



< CX-USBIIボードとCX-Trainerを組み合わせた外観>

 

 

【連絡先】
メール・アドレス: info@prime-sys.co.jp
電話番号: 0266-70-1171
住所: 長野県諏訪郡原村16267-333
担当者名: 三橋 晋(ミツハシ ススム)
連絡時間帯: 10:00 - 17:00

【Smart-USB Plus製品ファミリについて】
USB2.0 インタフェースとFPGA を組み合わせ、PCと連携したシステム構築を目的とした「システム開発ボード」です。USB2.0 インタフェースをあらかじめ実装し、ボード利用者がUSB2.0 に関する専門知識がなくてもUSB 機能を十二分に活用できる構成が支持を得、2004 年の製品ファミリ発売以来、FPGA規模や基板構成のバリエーションを拡大し、さまざまな用途に適応するボードをラインナップしています。

【有限会社プライムシステムズについて】
有限会社プライムシステムズは、USBとFPGAを搭載した汎用システム開発ボード市場をリードする開発型企業です。1999年よりFPGAとUSBを組み合わせたFPGAボードを「システム開発ボード」と標榜し、単なるFPGAの評価だけで終わらせない、システム開発を主眼に置いたボードをシステム開発エンジニア向けに提供しています。また、既存のシステム開発ボードをベースとした、FPGA設計や制御ソフト設計、ボードカスタマイズなどのデザインサービスも提供し、設計資産の再利用を効率的に運用することで短納期、低コスト化を実現したソリューションを提供しています。

会社名:   有限会社プライムシステムズ
所在地:   長野県茅野市泉野5931-35
設立日:   1998年12月
資本金:   1,000万円
事業内容: システム開発ボードの企画、開発、設計、販売
       プラットフォーム・デザイン・サービスの提供
       システム開発ボードのデザイン・カスタマイズ・サービス
       IPの開発、販売
       PC計測応用システムの企画、開発、設計、販売
代表者:   内田正典
webサイト: http://www.prime-sys.co.jp


Copyright (c) 2007 Prime Systems, Inc. all rights reserved.