ニュースリリース | 有限会社プライムシステムズ | 計測・制御システム開発には、Smart-USB Sigma / Smart-USB Plus が最適です | FPGA開発ボード

ニュースリリース newsrelease

MIPI対応の4ch画像処理インタフェースボード『IMG-Pro7』を発表

MIPI D-PHY対応
先端エレクロニクス・システムの開発企業、有限会社プライムシステムズ(本社:長野県茅野市、代表取締役:内田正典)は、本年11日19日、USB3.0対応Smart-USB Sigma製品のFPGAシステム開発ボードに接続して利用する、MIPI対応4ch画像処理インタフェースボード『IMG-Pro7』を12月18日から販売することを発表しました。
 
近年モバイル用途以外の車載や産業機器にも適用拡大が続くMIPIを利用できる画像処理ボードとしてIMG-Pro7(以下、本ボード)を開発しました。従来製品のFPGAシステム開発ボードでは、MIPIに対応できませんでしたが、本ボードにより同時に最大2系統のMIPI CSI-2カメラまたはDSIディスプレイをFPGAシステム開発ボードで制御することができます。 これにより、安価なCMOSカメラや、産業向けの高解像度CMOSイメージセンサを直接MIPIで収容し、高速処理が可能なFPGAにより画像処理システムの開発が容易になります。特に、ARMプロセッサコア内蔵のFPGA(MP SoC)を搭載したZQ-Cardシステム開発ボードと組み合わせた場合、組込Linux等での画像処理、機械学習などによりFPGA内だけで複雑な処理が可能です。
 
【主な特長】
◆ 2ch MIPI D-PHY対応 最大6Gbps
◆ ラズパイカメラ用コネクタ 2ch 最大3Gbps
◆ ユーザI/O 48本
 
【対応FPGAボード】
 
 
 
【価格と供給時期について】
製品名:   4ch画像処理インタフェースボード
型番と価格: IMG-Pro7  80,000円(税別)